ヘルプセンター

イベントページへの流入元(上位リファラー)の見方

▼イベントページへの流入元(上位リファラー)について

Peatixでは、公開したイベントページが何回表示されたのか(ページビュー)または、どこからアクセスがあったのか(流入元)をホーム画面に表示しています。*



「イベントページへの流入元」について、いくつか代表的なものを紹介します。

<Peatix アプリ>
PeatixのiPhone/Androidアプリで表示されたもの。**

<Peatix レコメンデーション>
参加履歴や友達リストのデータに基づき一人ひとりに送られる「おすすめイベントメール(無料)」からアクセスされたもの。

<Peatix フォロワー>
フォローしているユーザーが、新しくイベントを公開したときに受け取るメールからのアクセスされたもの。

<Peatix 検索>
Peatixのイベント検索ページで検索されアクセスされたもの。**

<Peatix 関連イベント>
Peatixのイベントページの下部に掲載されている関連イベントからアクセスされたもの。**

<Peatix ピックアップ>
Peatixのトップページのピックアップイベントで紹介されたもの。**

<recomail-pr>
Peatixユーザーの中から、趣味・嗜好に基づきイベントを告知する集客プログラム(有料)からアクセスされたもの。**

<direct>
流入元が確認できなかったもの。これには、メールやスマートフォンのアプリ上のリンクをクリックしたものや、ブックマーク、暗号化されているページ(SSL)からのアクセスが含まれています。***

<Facebook/Twitter>
FacebookやTwitter上で紹介され、リンクをクリックしたものです。

<google>
Google で検索してアクセスしたもの。

また、Peatixでは、イベントの集客を促進するために、様々な機能が実装されています。TOPページや検索機能でイベントを紹介したり、フォロー機能や、過去のイベント参加履歴、FacebookやTwitter上の友達リストから、一人ひとりに興味がありそうなイベントをアプリやメールでおすすめしています。

それらPeatixサイト内から、あなたのイベントページに流入したものについても、このグラフ上に表示されています。(表記は変更される可能性があります。)

*データは Google Analyticsを通じて取得したものを表示しています。ダッシュボードにデータが反映されるまで、半日~1日程度のタイムラグがあります。

​**Peatixのトップページや「おすすめメール」は独自の基準で掲載していますが、多くのユーザーに確実にイベント情報を配信し、集客を促進するプログラムがあります。(料金や申し込み方法はこちら)

​***流入元を明確にするにはGoogleのURL生成ツールをご利用ください。URLの後にパラメーターを追加いただきますと流入元がグラフに表示されるようになります。
例:
http://peatix.com/event/00000/?utm_source=newsletter
*詳しくはこちらをご覧ください。

イベント集客でお困りではありませんか?

イベント間際でも間に合う集客ノウハウや「アプリおすすめイベント掲載」「イベント紹介メール」など、Peatixをフル活用した集客サービスをご紹介しています。

詳しくはPeatix集客お役立ち情報をご覧ください。
 


関連ヘルプ