ヘルプセンター

イベントページ作成のポイントを教えてもらえますか?

イベントページ作成のポイントですが、下記の条件を満たすことが大切です。具体的な内容を下記にまとめましたのでご覧ください。

・イベント内容がわかりやすい。
・イベントがどれだけ魅力的か。
・参加者にピッタリなイベントか。
・イベントで得られるものは何か。
・イベントの信頼性。

①カバー画像は目立つものを使用
イベントページのカバー画像は、おすすめイベントメールやカテゴリー検索ページに表示されます。また、イベントページにアクセスした際、最初に目に入りますので、イベントのイメージを伝えるためにとても重要です。解像度が低いと画像が荒くなりますので、解像度の高いものを掲載してください。※関連:カバー画像の設定方法はこちら
<例>


②イベントタイトルを工夫
イベントタイトルには、「どんなイベントか」がはっきりとわかる名称にすることが大切です。また、「参加無料」や「特典」があれば、イベント名に記載してください。
<例>


③チケット名をわかりやすく
チケット名には、無料イベントの場合は”参加費(無料)”など、金額だけでなくチケット名にも含めて頂くことで、迷わずに購入することができるようになります。※関連:チケット作成方法はこちら
<例>
参加費(一般) 3000円
参加費(学生) 1800円
参加費(無料)

④どんな方にお勧めかを掲載
どんな方にお勧めのイベントかを記載いただくと、イベントページを見た方は自分にあっているかどうかがすぐにわかります。また、ピッタリのイベントだとわかると、より参加する可能性が高くなります。
<例>
▼こんな方におすすめです!
・商品開発を担当されている方
・商品企画を担当されている方
・商品企画や商品開発に興味をお持ちの方

⑤参加するメリットを掲載
参加を検討されている方は、イベントに参加するメリットが明確であると申し込みを後押しします。
<例>
▼こんなことが学べます!
・アイディアを製品化するそのノウハウが学べます。
・開発した製品をヒットさせるポイントが理解できます。
・長寿商品に育てる秘訣がわかります。
・社内で企画をとおすためのコツがわかります。

⑥登壇者の紹介を充実
登壇者の方のお名前はもちろん経歴や紹介、写真を掲載するとより効果があります。
<例>


⑦主催者・参加者の声やイベントの様子を掲載
主催者のお勧めポイントや過去イベントの参加者様のお声、過去の同じようなイベントの様子を写真で紹介すると参加を検討中の方が安心されます。
<例>


⑧主催者の情報を掲載
イベントページをご覧になる方は、イベントの信頼性も気にしています。どのような方が主催をされているか、企業の場合であればどんな事業をしているか、企業やサービスロゴを入れて頂くと効果があります。
<例>


⑨スケジュールや会場案内は最後に掲載
イベントページでは、イベントの魅力を優先的にご記載ください。当日のスケジュールや会場案内などのイベント詳細情報は、イベントページの一番最後に記載いただくことをおすすめします。

⑩キャンセルポリシーを忘れずに
​キャンセルポリシーをはっきりさせておくことで、直前のキャンセルを防ぐことができます。イベントページに記載いただく事をおすすめします。
例:主催者の都合による中止の場合を除き、購入済チケットのキャンセルはご対応しかねます。

法人、団体のイベント運営はPeatixビジネスにおまかせください。

「大事なイベントなのに参加者が集まるか不安。」
「他にも業務が忙しくて、イベントの準備が間に合わない。」
「代理店に頼むと費用がかかりすぎる」

そんなときは、Peatixビジネスにご相談ください。会場やケータリング会社のご紹介、事務局対応、当日の受付スタッフ派遣など、イベントの担当者様の煩雑なイベント運営をサポート致します。 詳しくはPeatixビジネスをご覧ください。


関連ヘルプ