ヘルプセンター

販売期限の設定方法

イベント全体の販売期限、または、個々のチケットごとに異なる販売開始/終了時間を設定することができます。

チケットごとの販売開始/終了時間の設定
イベント全体の販売期限の設定方法
販売期限設定の例
 

チケットごとの販売開始/終了時間の設定

個々のチケットごとに販売開始時間と終了時間を設定することができます。
ご注意:イベントを公開した後は、販売開始時間の設定、変更はできません。

設定した販売開始時間/終了時間に、自動的にチケットの販売が開始/終了します。チケットごとに販売期限が異なる場合(早割、通常チケット等)や、イベントページだけ先に公開し、チケットの販売を後から開始する場合など、チケットごとの販売期限の設定が便利です。

▼設定方法

1. 各チケットの右側にある「設定」ボタンをクリックします。




2. 販売開始/販売終了の横にある変更をクリックします。



3. 日付、時間をご希望の時間に変更します。再度「設定」ボタンを押すと、前の画面に戻ります。画面下部にある「保存」ボタンをクリックしてください。



4. 設定時刻になると、自動的にチケットの販売が開始/終了します。販売開始前のチケットには、設定した販売開始時刻が表示されます。参加者は販売開始時刻になるまで、チケットの購入はできません。なお、設定した販売終了時刻は表示されません。

5. 販売が終了したチケットには、終了した時刻が表示されます。


※ご注意:
- イベント公開後、新規にチケットを追加する場合、販売開始時間の設定はできません。販売開始時間を設定したい場合は、イベント公開前にすべてのチケットの販売開始時間を設定してください。なお、イベント公開後は設定した販売開始時間の変更はできません。
- チケット申し込み画面に表示される締め切り日「コンビニ/ATMでのお支払いは、○○○○で締め切られます」は、個々のチケットの販売終了時刻ではなく、イベント全体に対する、コンビニ/ATM受付期限です。詳しくは「イベント全体の販売期限の設定方法」をご参照ください。
- 個々のチケットとイベント全体の販売期限を設定した場合、個々のチケットの販売終了時間が優先されます。
 

イベント全体の販売期限の設定方法

個別のチケットとは別に、イベント全体の販売期限を設定することができます。すべてのチケットの販売期限を同一にする場合、こちらが便利です。

▼設定方法

1. 「チケットの共通設定を表示する」をクリックします。



2. イベント全体の販売期限をご希望の時間に変更します。



※ご注意:
- イベント全体の販売期限の初期設定は、イベント当日までとなっています。
- コンビニ/ATM支払いは設定したイベント全体の販売期限の前日までの受付となります。
- コンビニ/ATMでお申込み頂いた後のお支払い期限(入金期限)は、お申込後3日以内となります。支払い期限内にお支払いされなかったチケットはキャンセルとなり、在庫が戻り再度販売されます。
- 販売期限の3日前以降に参加者がチケットを申し込んだ場合、コンビニ支払い期限はイベント全体の販売期限の前日となります。
 

販売期限設定の例

- 早割チケットの販売:1月1日~1月9日
- 通常チケットの販売:1月10日~1月31日
- イベント全体の販売期限:1月31日23時59分まで
(この場合:コンビニ販売期限は前日の1月30日23時59分まで)

●1月8日に早割りチケットをコンビニで購入した場合
支払い期限:1/11(購入日から3日以内)

●1月25日に通常チケットをコンビニで購入した場合
支払い期限:1/28(購入日から3日以内)

●1月29日に通常チケットをコンビニで購入した場合
支払い期限:1/30(販売期限の前日まで)



関連ヘルプ